読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

viento del norte blog

札幌でアニソン&サブカル系イベントでDJとVJをしているtakayuki@jpのデジタルガジェット関連とか覚え書きとか。

【Mac Tips】USキーボードでの日本語入力切り替えを追加ソフト無しに楽にする方法

過去記事 Mac

※こちらの記事はv-d-n.netの2015年3月3日のものの移設版です。

 

記号の配列に関連性がしっかりあり、一つのキーに二つまでしか文字が割り当たってなく、キートップがすっきりしてるという点が好みで、

特にMacではJIS配列だとcontrolの位置がAの隣なのが嫌で、ここ10年ほどUS配列の所謂英語キーボードを使っています。

f:id:takayuki_jp:20161206193550j:plain

そのUSキーボードで不満に思うのが、日本語と英語の入力切り替えがJIS配列だとスペースキー左右に「かな」「英数」があるのにUS配列だと「cmd + Space」になることではないでしょうか。(Windowsだとalt + `なのでそれよりは楽ですけども・・・)

Karabiner(旧KeyRemap4)を使ってキーカスタマイズをすれば解決ですが、
ショートカットとバッティングしたり、OSアップデートで動作しなくなったり、そもそもソフトがいつまで公開されているかわからないといった不安要素があるので、
あえてOS標準機能でなんとかしてみましょう。

英字の大文字入力に地味に便利だけど、Shift押しっぱなしな人が多くあまり使われないCaps lockキーを入力切り替えに変更します。

f:id:takayuki_jp:20161206193716p:plain

システム環境設定>キーボード>入力ソース で、

「Caps lockの動作」「オンの時「英数」を入力」にすることでワンタップで切り替えることができるようになります。

この設定だと英数の時はCaps lockのランプが点くので一目で状態がわかって便利です。

好みで「オフの時「英数」を入力」にすれば日本語入力時にランプが点く状態にすることもできます。

f:id:takayuki_jp:20161206194228j:plain

自分はもう慣れてしまったので問題ないのですが、初めてUSキーボードのMacを使う方にはオススメな設定です。